製品情報

研削・測定器具
[天GOO]

天-GOO(天狗の鼻)は直角測定と大型加工物のXY原点を測る簡易測長器です。

zoom

天GOOの特徴

マシニングセンター、フライス加工における加工物のビビリ止めに使う、スプリング内臓ジャッキです。

用途

マシンバイスで長物加工物のハネ出し部のビビ止めに。
大物加工物や、平面研削での中間ジャッキに。

特徴

  1. 加工物の重量に押し下げられた高さに簡単にロックできます。
  2. スプリングの強さはホーローネジで調節できます。
  3. ジャッキ下面のマグネットにより、ズレにくくなっています。

型式

  • HDC-150(全体L:150mm)
  • HDC-80(全体L:80mm)

形式/部名

03-01.png

型式HDC-150HDC-80
全体-L

150±0.005

80±0.005

ゲージライン
(GL1〜GL2)
100±0.5 50±0.5
φD 60±0.1 30±0.1
φd 24±0.1 12±0.1
直角度
(A基準 ⊥ B径)
±0.002 ±0.002
GL1GL2 0〜±0.002 0〜±0.002

単位は全てmm。商品の仕様および外観は予告なく変更することがあります

使用方法

( )寸法はHDC-80です。

05-01.jpg

〈 A.直角測定 〉

  • 加工物を定盤の上に置き、直角測定器に天-GOOを磁着させ、ハイトゲージにダイアルゲージを取り付ける。(機械上ではドリルチャック等にダイアルゲージを取り付ける)
  • ゲージラインの芯間は100mm(50mm)で、マグネット間のゲージラインと上頂点と、先端のエージラインの上頂点の2点をダイアルゲージで測定し、その誤差が100mm(50mm)に対する直角度の数値でございます。
  • 0-0であれば、直角度は、0.00/100mm(50mm)でございます。
  • 0-0.03であれば、直角度は、0.03/100mm(50mm)でございます。

※ダイアルゲージの振れが+か-で、90度に対して鈍角か鋭角かわかります。

05-02.jpg

〈 B.端面測長 〉

  • 大物加工物は上面をフエーシング加工した際、カッター側面(エンドミル等にてXY測定面を加工します。
  • この工程は基準面を底にして取り付ける場合、絶対的に必要な加工工程です。X軸の長手方向で平行を出し、かつ側面からX、Yの座標原点を出します。
  • その際Zの高さがある場合、加工基準面までダイアルゲージが届かず位置の測定が難しいです。
  • この際、天-GOOをX(Y)基準面に磁着させ、端面位置を測定し150mm(80mm)マイナスした位置が求められる座標でございます。

商品の仕様および外観は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承願います。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

ご質問やお見積もりのご依頼等は下記のメールフォームをご利用ください。必要事項をご入力の上、確認・送信してください。担当者より折り返しご連絡差し上げます。「」は必須項目です。

お問い合わせ・ご相談はお気軽に

076-223-2727

お問い合わせ製品名 「天GOO」について問い合わせします
お名前  
フリガナ
会社名
電話番号  例)076-000-0000
FAX番号  例)076-000-0000
メールアドレス   半角英数で入力
郵便番号  半角数字で入力 例)9300108
ご住所
お問い合わせ内容

このフォームに記入頂いた個人情報は、お問い合わせ内容・資料送付の管理にのみ使用させて頂きます。

pagetop